Media

AI がデジタル変革をサポート!iKala の新ブランド iKala Cloud

iKalaのプロダクトライン
企業の実践的なAIアプリケーション導入と開発とデプロイメントの加速を支援するために、iKala Cloudは技術トレーニングプログラムとコンサルティングサービスも提供している。

数百社にサービスを提供する企業 iKala (アイカラ)のクラウド事業部「GCP専門家」は、本日新たなブランド名「iKala Cloud」を発表した。「End-to-End」、そして AI 主導のデジタル変革を目指す企業へソリューションを提供し、企業クライアントを中心に的確なマーケティング戦略を共に策定して経営コスト削減を目指すブランドとなる。

iKala のCEO程世嘉は「今回のブランドのアップグレードは、ちょうど新型コロナウイルス感染症が世界経済に深刻な影響を与え始めた時期と重なりました。さらにGoogleがサードパーティーCookieを廃止するという驚きの発表とも重なりました。「iKala Cloud」は一連の新製品とともに登場しましたが、その一つに、コスト効率の良い顧客データプラットフォーム iKala Data Lakeがあります。私たちは引き続きデジタル変革を目指す企業の重要なパートナーとして、AI を駆使し、クライアント様中心の的確なマーケティング戦略を策定することでコスト削減を実現し、市場の激しい変化に対応したいと考えています。デジタル変革を目指すなら、是非 iKalaにご相談ください」と語る。

iKala は多くの業界を対象に Google Cloud 技術の活用を長年推進してきた。また中華圏でよく知られたクラウドテクノロジーのブログを長年運営しており、企業のクラウド技術訓練に関する高い名声を得ている。「iKala Cloud」は、 機械学習(ML)とデータ分析そしてインフラストラクチャの3項目にわたる Google 専門認証を得ているだけでなく、製品ラインナップも絶えず拡大している。クラウドのインフラやハイブリッドクラウド構築サービス、API 管理プラットフォーム、顧客データプラットフォーム、マーケティングデータ分析、ストリーミングサービス、そして AI 自動画像修正の応用など、トータルなEnd-to-End のソリューションにより企業が最速で問題を解決し、開発コストを削減できるようサポートしている。こうすることで運営効率が向上し、コンバージョンレートの最適化が実現する。これこそがデジタル変革の求める効果だ。

Google はサードパーティーCookieの廃止を発表したが、「iKala Cloud」は対応するソリューションを提供している。Cookie に依存した広告モデルが失効すれば、事業主は直接的な顧客とのやりとりとその情報収集に特に関心を向ける必要が出て来る。iKala Data Lakeはそれにうってつけのツールとなる。360 度ユーザービュー分析と全フローの顧客データプラットフォーム (Customer Data Platform)に加え、 iKala が直接入手した外部情報を活用すれば、企業は顧客情報を更に拡張し、顧客生涯価値 (CLTV:(Customer Lifetime Value)を高めることができる。程世嘉はさらにこう説明する。「企業はユーザーと顧客データプラットフォームを中心とし、的確なマーケティング応用戦略を迅速に策定することが可能です。Googleの方針転換により、デジタル広告も新たな手法に向けてシフトしつつあるのです。」

2020 年、全世界の市場は新型コロナウイルス流行の影響を受けた。企業は変革しなければ淘汰されてしまうという危機に直面し、いかにして早く変革に着手するかを考えるようになっている。「iKala Cloud」の強大なクラウド技術とデータ分析チームは、多元的な AI データ応用の創造と開発を続け、この困難な時期を乗り越えるため、デジタル変革成功に向けて日々尽力している。

(『Digitimes』より転載)

Scroll to Top