Cases

大手EC業者ガ語る:Google CloudでECの勝者に

台灣最大的電子商務業者之一,分享獲利翻倍的背後,如何結合雲端資源
台灣最大的電子商務業者之一,分享獲利翻倍的背後,如何結合雲端資源

知名電商現身說法:如何有效結合 Google Cloud 成為電商獲利王

近年、EC市場は目まぐるしく変化しています。中国で始まり台湾にも広まったネット通販の特売日11月11日「独身の日」以外に、昨年は12月12日にも大型セールが行われました。EC大手はこぞってこの機を逃さぬよう攻勢をかけ、大きな成果を上げることができたようです。このように、EC産業は前途洋々ですが、表舞台を支える技術スタッフにとっては、一時的に激増するトラフィックにどう対処し、事前にどこまで周到に準備ができるかが重要な課題となっています。
iKala Cloud は大手ECの第一線に立つ技術責任者とこれまでの経験を分かち合う機会を得ました。どのようにクラウドリソースを活用し、どのようにオンプレミスと Google Cloudを併用して、利益倍増へつなげたのか、そして今後のクラウド利用計画についても聞かせてもらいました。

 

Google Cloud を選ぶ3つの理由

強力なクラウドアーキテクチャとリソース
クラウドプラットフォームのリソースはオンプレミスのデータセンターより充実していて、エンジニアや開発者はクラウドのリソースを即時に利用することができます。VM(仮想マシン)がその良い例です。またGCP(Google Cloud Platform)のフレームワークは十分に検証されているため、信頼性が高くパワフルです。11月11日などの大型セール時に生じる膨大なトラフィックに対応するためには、クラウドで対応することが最も経済的だと言えるでしょう。

時間コスト
オンプレミスのデータセンターを稼働させるためには新たな機器の購入から納入までに約1か月はかかります。サービスが急速に展開し、開発者が臨時リソースを使用する必要が出てきても、オンプレミスではこの要求を満たせない可能性があります。「時は金なり」と言われますが、GCPを利用すれば、90 秒以内に必要なリソースを入手することができます。

データセンターの運用コスト
オンプレミスのデータセンターの運用コストには通常、(1)スタッフの訓練コスト、(2) 給電・給水設備設置コスト、(3) データセンターの安全基準検査取得および運営上の必要経費、が含まれます。が、クラウドを選択すれば、これらについては計算に入れる必要もなく、コストを節約しつつ、すぐに使用を開始できます。

大手EC業者はこう説明します。「Google と iKala Cloud のアーキテクチャエンジニアは、計画の初期段階から話し合いに参加して、アーキテクチャの設計をどうするか、Google Cloudの関連製品をどうやって併用するかなどを一緒に考えてくれました。また、どんな企業も、オンプレミスからGoogle Cloud の仮想マシンにただデータを移行して終わりだとは思っていないでしょう。それよりも重視しているのは、Google が現在持っている Managed service、BigQuery、Google 機械学習 API などの機能ではないでしょうか。これらに関しても、Googleとも iKala Cloudは多くのリソースと支援を提供してくれました。」

 

オンプレミス + Google Cloud の配置と応用

プログラムにしてもアーキテクチャにしても企業が全てのサービスを一度にクラウドで利用することは難しいものです。また、投資の費用対効果を検証する必要もあるため、多くの企業は今まで通りオンプレミスでいくことを好みます。このような場合は、クラウド利用に向けて長期的な計画を作り、段階的に移行することが望ましいでしょう。オンプレミスのデータセンターはそのままで、しかし稼働能力はクラウドを使って少しずつ追加していく。この方法であれば、開発担当者も十分な時間的余裕を持ってクラウドへの移行に対応することができます。

 

将来の展望

上記の大手EC業者のプラットフォームは、Google および iKala Cloud との協議を経て、まず非中核的業務から少しずつGoogle Cloudに移行することになりました。これらの業務には、他の業務との関連性がそれほど高くない、連動するプログラムも少ない、アクセス時間が短い、随時シャットダウンが可能であるなどの特徴がありました。こうして、11月11日の大型セールはクラウドが利用して行われました。このような段階的移行は、クラウドに興味があるももの、利用を躊躇している企業にとっても検討の価値のあるソリューションだといえるでしょう。

 

知名電商現身說法:如何有效結合 Google Cloud 成為電商獲利王

電商市場近年瞬息萬變,不僅有從中國延燒至台灣的雙 11 購物節,去年更衍伸出雙 12 等購物節慶。各大電商品牌在搶攻商機的同時,營收面也傳來捷報。然而在電商產業前景可期的背後,技術層面該如何部署,以支援不斷湧入的線上購物人潮,這將是所有技術人員在熱鬧滾滾的購物節前夕必須面臨的課題。 iKala Cloud 很榮幸邀請知名電商技術主管進行第一手經驗分享,在獲利翻倍的背後,他們如何結合雲端資源?如何將實體機房結合 Google Cloud?以及未來他們在雲端上的部署規劃。  

選擇 Google Cloud 的三大原因

強健的雲端架構與資源 雲端平台的資源比實體IDC機房充足,工程師或開發人員可以即時調用雲端資源,像是運行更多的 VM 就是最顯著的例子。同時,GCP 是有驗證過的架構,不僅值得信賴也可能更加強壯,若要因應大量服務(例如:雙 11 購物節的高流量),使用雲端會是最具經濟效益的選擇。 時間成本 實體機房實際在運行時,通常需要至少 1 個月新購買的機器才會抵達機房。如果當時服務急速成長,或是開發人員需要即刻進行臨時性專案資源使用時,實體機房未必能符合需求;然而時間就是金錢,使用 GCP 您可以在 90 秒以內立即取得您需要調度的資源服務。 實體機房維運成本 實體機房維運成本包含: [1] 人員的訓練成本 [2] 水電建置成本 [3] 機房建置需符合安規和營運上的需求。如果選擇雲端,不僅可以不必擔心上述規劃,同時又兼具節省成本和馬上使用。

知名電商獲利王:「在規劃階段,Google 和 iKala – iKala Cloud 的架構工程師都有一同參與討論:如何設計架構、如何結合 Google Cloud 其他產品。對許多企業而言,並不會只想從實體機房搬遷去 Google Cloud 開虛擬機,往往更重視的會是 Google 現有的 managed service、BigQuery、Google 機器學習 API 等功能。這部分不論是 Google 或是 iKala Cloud 都提供了許多資源和協助。」

 

實體機房 + Google Cloud 的配置與應用?

不論是程式或架構層面,企業往往沒辦法一步到位將所有服務搬上雲端;同時考量到投資效益,客戶往往會選擇繼續使用實體機房。在這樣的情況下,若長期仍要往雲端發展,企業會規劃階段性的搬遷:短期內不再提升實體機房運轉容量的同時,也提供開發人員更充裕的時間累積雲端的開發經驗。 這間知名電商平台在經過與 Google 和 iKala Cloud 的討論後,決定先把非基礎流量的業務移往 Google Cloud。因為非基礎流量跟基礎流量的業務連結相對較不緊密,所需要更動的程式少、時間短、隨時可以關閉,舉例而言:雙 11 購物節就會選擇在雲端上運行。而這個階段性搬遷的方法,對於那些想擁抱雲端但又有所考量的客戶而言,的確是一個很實際的做法。  

未來規劃

這間知名電商平台在經過與 Google 和 iKala Cloud 的討論後,決定先把非基礎流量的業務移往 Google Cloud。因為非基礎流量跟基礎流量的業務連結相對較不緊密,所需要更動的程式少、時間短、隨時可以關閉,舉例而言:雙 11 購物節就會選擇在雲端上運行。而這個階段性搬遷的方法,對於那些想擁抱雲端但又有所考量的客戶而言,的確是一個很實際的做法。  

公司簡介

テレビショッピングから始まった台湾のショッピングサイトで、台湾最大級のEC業者です。ECサイトのトラフィックは変動が激しいものですが、クラウドはその需要の変化に対応するための最適な手段だと言えます。ECプラットフォームは、世界各地のデータセンターでウェブサイトをホストすることができ、企業はマウスクリックだけでクラウドサービスを享受することができます。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

More Cases

信義房屋

iKala Cloud 協助信義房屋將固有服務容器化,節省近七成的雲端建置時間,並透過使用 Cloud SQL 代管服務降低整體維運成本。

了解更多
Scroll to Top
This site is registered on wpml.org as a development site.