AI機械学習

信頼性の高いクラウドAI/MLプラットフォームサービスで、企業の製品とサービスのイノベーションを加速

AI機械学習プロダクト

iKala Cloudは、長年にわたってAIと機械学習技術に取り組んでおり、クラウドAIコンピューティングとデータサイエンティストの専門チームを擁しています。企業がビジネスで直面する課題や産業アプリケーションシナリオに合わせ、AI/MLテクノロジーを迅速に導入し、製品やサービス体験の最適化、インテリジェントなソリューションの構築、企業運営の競争力向上を支援します。

トレーニング済みモデル

モデル開発やモデルトレーニング用のデータ準備をする必要なく、企業はトレーニング済みのクラウドサービスモデルAPIを自社製品・サービスに適用し、モデルの予測結果をすぐにテストすることができます。

 

Google Cloud AI Solutions

AWS AI Services

自動モデリング

モデル開発の必要がなく、構築済みのクラウドサービスモデルを通じて、簡単なインターフェースからデータのアップロード、モデルのトレーニング、テスト結果、製品へのモデル適用を簡単に行うことができます。

 

Google Cloud AutoML

AWS AutoML Solutions

カスタムモデリング

ML統合プラットフォームであらかじめツールをトレーニング、カスタムすることで、企業はAIモデルを構築、さらにデプロイ、拡張を行い、MLOpsツールで大規模なモデルやデータを容易に管理することができます。

 

Vertex AI
Amazon SageMaker

ハイブリッドクラウドAIモデル

企業データの機密性が高い場合は、ハイブリッドクラウド管理プラットフォームを通じて、クラウド横断的なモデルを手軽に運用できます。クラウド上でトレーニングを行い、オンプレミスでデプロイし、再度オンプレミスのデータをクラウドに送る過程を繰り返すことでトレーニングできます。

 

Google Cloud Anthos
AWS ECS Anywhere
AWS EKS Anywhere

AIコンピューティングのクラウド化がもたらすメリット

強大なコンピューティングリソース

柔軟性と拡張性、演算能力に優れたコンピューティングリソースと俊敏なクラウドネイティブアーキテクチャにより、クラウドは高レベルのコンピューティングパフォーマンスを求める企業のニーズに応え、AIにより意思決定の遅延を最低限に抑えます。

成熟したAI技術

クラウドサービスプロバイダーが、一流の製品開発経験とAI機械学習技術を備え、一般的なトレーニング済みモデルを内蔵し、オープンに利用可能とすることで、企業が迅速にAIを導入できるようしています。

完全な統合プラットフォーム

クラウドが機械学習の統合プラットフォームを提供することで、企業はハードウェアの展開や前工程の作業コストを削減し、内蔵のAIモデル、MLOpsツールを通じて、モデルの精度向上と製品の市場投入時間短縮に集中することができます。

企業がiKala Cloudを選ぶ理由

Business handshake in the office

一流の技術チーム

iKala Cloudは50名以上のクラウド技術コンサルタント、データサイエンティストを擁し、また60を超えるインフラストラクチャ、データ分析、機械学習の技術認証を獲得しています。

Artificial,Intelligence,Ai,,Internet,Of,Things,Iot,Concept.,Business,Man

豊富な実務経験

iKala Cloudは長年にわたってAI分野に取り組んでおり、AI技術を製品開発に応用する実務経験が豊富です。その経験とDevOps、AIのベストプラクティスをクライアントの皆様と共有できます。

Managers,Discussing,Business,Ideas,During,The,Meeting

質の高いコンサルティングサービス

iKala Cloudは、企業向けにプロフェッショナルで包括的なモデリングコンサルティングサービスを提供しています。AIモデリングのあらゆる側面についてカスタマイズした専門的な技術アドバイスを提供することで、企業のAIモデル作成を加速させます。

クライアント様の声

「iKala Cloudとの提携においては、双方向の交流で多くのアイデアが生まれ、当社はゲームのプレーヤー像をより深く理解することができ、ゲームの開発・応用のさらなる可能性を多く見出すことができました。」
X-Legend Entertainment副総裁 周秋美氏

合作夥伴

Scroll to Top
This site is registered on wpml.org as a development site.