Media

iKala Cloud が Google Cloud Data Analytics プロフェッショナル認定を取得

企業の発展に欠かせない利器 ビッグデータ分析と AI ソリューション
顧客生涯価値 (CLV、Customer Life Time ValueもしくはLTV、Life Time Value)とは、顧客が将来、対象サービスにもたらす総収益を表す語だ。企業はデータ分析によりターゲット顧客のニーズを正確に予測し、適時に適切な製品やサービスを提供して高い利益を得ることが望ましいが、実際にはデータ分析の複雑性、変動性、モデル開発の難度が大きなネックとなっている。iKala Cloud は40人を超える専門技術者を擁し、 AutoML や TensorFlowなどの GCP 機械学習ツールで的確なユーザー分析モデルを開発し、金融、広告テクノロジー、Eコマース、ゲームなどの業界のクライアントに十全な顧客価値ソリューションを提供し、異なる顧客群に最適なコンビネーション製品を提供するようサポートしている。

スマートレコメンドエンジンソリューションとは、レコメンド分析アルゴリズムで行う情報分析で、商品のレコメンド(おすすめ)を通してパーソナライズした顧客体験を創造し、販売を向上させ、製品購買率を高める手法だ。現在ではインフルエンサーマッチングプラットフォーム「KOL Radar」が AI スマートレコメンドエンジンによりインフルエンサーの正確なマッチングを行っている。このソリューションはリテール業界だけでなく、広告テクノロジー産業にも適用でき、マーケティング担当者はレコメンドシステムで正確かつ効果的な広告を発信することができる。

新世代の AI 音声コミュニケーションロボットソリューションは、サービスをより広範な顧客に広げ、顧客サービス満足度を向上させる助けになる。コミュニケーションロボットは iKala Cloud が初期の頃から打ち出していたソリューションの一つだ。iKala(アイカラ)の AI チームは機械学習を通し、サービスをさらに最適化し、音声識別能力を増強してユーザーとのインタラクティブ性を向上させた。同時にビッグデータを回収・分析し、ロボットの自動調整と回答力のカスタマイズ化にも成功した。これにより事業主の集客力は高まり、コンタクト率も上がった。最適化されたソリューションを活用することにより、コミュニティ販売ツール「Shoplus」は最新の Facebook 販売ロボットサービスを提供している。

AI データの分析と応用に集中  iKala は台湾Google Cloud Summitで経験をシェア
2018年11月7日、iKala Cloud はプラチナ協賛パートナーとして、 2018 Google Cloud Summit in 台湾に参加する。iKalaのCEO であるSega(程世嘉)は 「AI のこれから~産業スマート化の新たなチャンスをものにする」と題する講演を行う予定で、これは注目の的となるだろう。世界の最新の AI 産業動向と iKala のスケール化した AI 製品開発手法と、 iKala 傘下のブランドによるSocial commerce や Influencer marketing などの分野でのスマート化成功の経験がシェアされる。会場では GCP で開発された AI 音声コミュニケーションロボットの実演や、 AutoML による犬識別アプリケーションも示される。これらは iKala Cloud の開発チームの高い実力を示すものだ。

データ指向のアプリケーション時代の到来と共に、iKala Cloud は今後も企業が高価値を持つ情報を応用し分析するようサポートし、 GCP によるビッグデータ分析ツールを利用した多彩なスマートソリューションを提供してゆく計画だ。

Scroll to Top