Media

宇宙旅行に比肩するクラウド利用 iKala Cloud AIOps Services によるマルチクラウド環境への順応

人類は20世紀に入ってから積極的に宇宙に進出しているが、人類を宇宙に送り出すためには、多くの課題を克服しなければならなかった。現代の企業がオンプレミスからクラウドに移行するために克服しなければならない困難はそれに比肩すると言えるだろう。iKala Cloud AIOps Servicesが提供する様々なサービスは、企業のITチームがマルチクラウド環境に順応するためのものだ。
宇宙旅行は、かつては国家レベルでのテクノロジー競争でもあった。しかし近年では様相が異なりつつある。テスラの創設者イーロン・マスクは宇宙旅行をビジネスにするために、2026年までに火星到達を目指している。1度の宇宙旅行を成功させるためには最新のテクノロジーと科学の分野を超えた綿密な計算が必要となるが、現代企業がオンプレミスからクラウドに“飛”行するという挑戦の困難度は決して宇宙旅行に劣らない。

企業の情報管理者にとって、限られたITリソースで膨大な運営項目を処理しつつ、同時にパブリッククラウドとプライベートクラウドの構築を管理することは非常に困難だ。情報セキュリティの管理は複雑で、数々の警告を取捨選択するには人手を必要とする部分もあるなど、その課題はきりがない。企業のクラウドへの“飛”行は、ロケットを造るのと同じほどの膨大なリソースとマンパワーを必要とするのだ。しかし、クラウドに乗り換えるための簡単な方法が現れた。クラウド技術使用のサービスプロバイダーiKala(アイカラ)が提供する AIOps Services(自動化クラウド管理サービス)だ。

ロケット打ち上げ前の全体計画:iKala AIOpsのシステム構築計画と研修
宇宙旅行へ出発する前には、軌道、落下地点、燃料消費の綿密な計算や地球との通信設定など十分な研究が必要となる。
クラウド構築経験がない企業は、原始的な手法でデータのエラーをチェックしていたひと昔前の科学者と似ている。つまり、企業のIT設備をアップグレードするには、経験あるクラウドアドバイザーの助言を得て、ニーズを明確にしてもらい、雲(クラウド)への旅の手解きをしてもらわなければならないのだ。この点、iKalaは企業にとって最高のクラウドアドバイザーとなってくれるだろう。傘下のiKala Cloud AIOps Servicesが専門の技術クライアントマネージャーを割り当て、リアルタイムの技術サービスと専門的な提案を提供してくれるからだ。

では、ITアップグレードに際しiKala Cloud AIOps Servicesはどんなサービスを提供してくれるのだろうか?まず「システム設計計画」がある。これには、システム構築計画書とシステム接続/移転計画書があるが、クライアントの業態に応じたソリューションとコンサルティングサービスが提供される。また、ますます多くの企業がGoogleのクラウドリソースを利用するようになっているが、iKalaはGoogle Cloud Platform(グーグルクラウドプラットフォーム)のトレーニングサービスも提供しているので安心だ。

GCP(Google Cloud Platform)の研修課程には、GCPインフラ(ネットワーク設定計画、権限管理、計算リソースなど)やビッグデータ、機械学習(ビッグデータ分析Pipeline、BigQuery、MLモデルのトレーニングとアプリケーション)、そしてソフトウェア開発技術とそのフロー(コンテナ仮想化、CI/CD、DevOps)などがある。iKalaチームは10項目以上のGoogle専門技術認証を取得しているため、企業のクラウド変革計画の早い段階で、全体計画を作り、全面的なソリューションを提案することができる。

ロケット上昇中の緻密な操作:iKala AIOpsによるリアルタイムの技術運用サポートと情報セキュリティ管理
ロケットの準備が整い、秒読み段階に入ると、いよいよ宇宙旅行が始まる。クルーの訓練とフィジカルチェック、そしてロケットのエンジンテストも完了したが、ここで静電気やわずかな火花が生じるだけで爆発が起きてしまう。ロケットが発射した後も、総司令部では、構造や熱制御、体勢管理、情報処理、電気エネルギー、指令伝達、推進、飛行ソフトウェアなどの多くのシステムエンジニアがスタンバイしている。

企業ITのクラウド移転もロケットの発射と同じで、専門の経験豊かなエンジニアがリアルタイムでサポートをし、緊急事態に迅速に対応することが求められる。iKala Cloud AIOps Servicesは、技術運用と情報セキュリティ管理という2つの重要なサポートを提供している。

iKala Cloud AIOps Servicesの技術運用サービスでは、7 x 24のヘルプデスクが提供される。例えば緊急性のあるGCPトラブルへの対応や製品使用に関する技術コンサルティングなどがこれに含まれる。さらに事故管理のサービスとして、監視システムや警告ポリシー設定計画、ログ収集・保存計画などもある。企業に対しては運用報告が毎月提出され、そこには運用効率検討やフロー最適化、新規サービス内容、システム運用提案などが盛り込まれている。

情報セキュリティ管理の面では、基本的なGCPプロジェクト権限管理スキャンやアプリケーションOWASP(Open Web Application Security Project)の上位10項目の情報セキュリティに対する脆弱性スキャンのほか、近年重視されるようになったDDoS攻撃に対応するため、GCPプラットフォームのDDOS防御機能の導入もサポート可能だ。iKalaは長年にわたるソフトウェア開発とクラウドの管理経験を有するため、DevOpsやAIの実際の実務的手法や経験を伝達することができる。

一定高度に達したロケットの自動操縦:iKala AIOpsによるAI自動監視と会計管理
ロケットの打ち上げが成功すると、自動操縦飛行に入る。この時間を利用してクルーは次の任務の準備をすることができる。他の惑星の探索を行う場合には、煩雑なタスクを人間の代わりにロボットに行わせることで、人間がより重要な仕事に集中できるようにすることだろう。クラウド利用後のITフレームワークもこれと似ている。クラウドはIT担当者の負担を軽減し、反復作業の時間の無駄をなくして迅速に情報システム全体の作動状況を把握できるようにする。

ITフレームワークがロケットにとっての自動操縦機能を持つようになるためには、かなり高い技術レベルが必要となるが、iKala Cloud AIOps Servicesはこのようなサービスを提供することができる。これが実現すれば、IT担当者はビジネスにとって、より価値のある開発プロジェクトに注力することができ、IT部門を単なるサポート部門ではなく、自社の価値創造を行う重要部門へと変革することができるのだ。

iKala Cloud AIOps Servicesは在庫管理と棚卸に関連して3つの重要なサービスを提供する。(1)AI自動化監視と通報サービス:IT担当者が能動的にシステムを監視し、異常がないかを確認するようサポートする。(2)帳簿管理:クラウドサービスの月間使用料の会計分析報告を作成し、ソフトウェアのライセンスニーズに応じたMarketplaceと第三者サービスプロバイダーへの報告整合を行い、自動的にライセンス権限管理を実現する。

(3)サービス品質保証(SLA):iKala Cloud AIOps Servicesは24 x 7および5 x 8の2種類のヘルプデスクモデルを提供する。重大なGCPサービス異常による中断が生じた場合、電話かEメールで連絡が可能だ。また月例会議を開催し(オンサイトまたはビデオ会議)書面によるレポートが提供される。現在iKalaは10業種に及ぶ400社以上のクライアントにサービスを提供しているが、彼らにとって、クラウド利用を円滑に行うための最も安心できる提携パートナーとなっている。

実際、クラウド管理サービス(CMS)はますます多くの企業が注目するところとなっている。市場調査会社「MarketsandMarkets Research」の報告によれば、世界のクラウド管理サービスの市場規模は、2020年の624億米ドルから、2025には1,162億米ドル、年平均成長率(CAGR)は13.3%となる見込みだ。これは、これからも多くの企業がCMSを採用し、ITインフラの投資コストとリスクを低減し、企業運営の競争力を高めようと願っていることを示している。

このように、企業のデジタル変革は20世紀の宇宙軍備競争と非常に似ていることがわかる。「時間こそが勝負を分かつ」と言われるように、デジタル面で先陣を切った企業と後発の企業とを比べるとその距離は広がる一方である。iKalaと手を組み、iKala Cloud AIOps Servicesを試せば、安定したITシステムを駆使したデータ指向のビジネスモデルを構築でき、デジタル時代に地歩を固め、マルチクラウドを自在に操る勝者となることができるといえよう。

Scroll to Top