Media

iKala の Google Cloud クラウド技術が Dcard の総統選挙開票ライブをエンターテインメントに!

2020年の総統選挙と立法委員選挙の開票は全ての台湾国民の注目の的となった。グローバル AI マーケティングテクノロジー企業 iKala (アイカラ)は台湾最大の若者向けコミュニティフォーラム Dcard と提携し「選挙開票ライブチャットルーム」の運営に当たった。選挙当日は20 万人のDcard ユーザーがウェブサイトやスマートフォンで開票ライブを見ながら、チャットを楽しんだ。

iKala はこれまでも長年にわたってクラウド技術でメディア産業をサポートし、新規サービス創造などを通して世界の隅々にまで情報が届くよう尽力してきた。Dcard のマーケティング部長である鄭雅婷は語る。「開票ライブのチャットルームは大成功でした。多くの若者が Dcard で討論し、意見を交換しました。1分間で何百ものメッセージが寄せられ、一日のアクティブユーザー数は Dcard の最高記録を更新しました。これはDcardにとってテキストとライブ配信を組み合わせた新たな試みでした。」

Dcard の製品部長、何威廷も「今回の iKala との技術提携では、開発からテスト、実装までを 7 日間で実現しました。iKala チームは最高の技術と経験を提供してくれ、プロジェクトのリスクとコストを大幅に低減させることができました。おかげで我々のチームはイベント宣伝に専念でき、高速で高品質という全体要求を満たすことができました」と補足する。

iKala の共同創業者兼技術主任である龔師賢もこう語る。 「今回の提携では、Dcard の開票ライブのチャットルーム立ち上げを支援しました。それと同時にウェブサイトとアプリでもスムーズなインタラクティブ体験ができるようにしました。鍵となる技術は Google Cloud Platform (GCP) の高い安定性と整合性です。柔軟性のあるオートスケールを提供してくれるため、我々の開発を加速することができました。Google のネットワークは全世界を網羅していますから、Dcard のユーザーが世界のどこからでも瞬時にイベント画面に入ることができました。システムの全体処理量やブロードバンド、遅延時間などに関しても、要求を満たす結果が得られました。」

iKala のクラウドと AI テクノロジーがメディア・エンターテインメント産業とタッグ 市場への対応を迅速化、差別化コンテンツでマインドシェアとマーケットシェアを獲得

メディアやエンターテインメント市場は目まぐるしく変化しているが、iKala と Dcard の提携はそれを反映したものと言える。クラウドと AI の整合によりデジタルサービスを加速させ、向上させることができるからだ。市場調査機関 IDC は 2022 年までに世界の45% の企業がコンテナ仮想化したマルチクラウドを通してアプリケーションを利用すると予想している。台湾企業のハイブリッド・マルチクラウド利用は74%になるとの予測だ。龔は説明する。「iKala は Google Cloud の長年にわたる提携パートナーとして、データ指向マーケティングとデジタル変革ソリューションに関する豊富な経験があります。 Google Cloud Platform (GCP) は迅速、省コスト、拡張性という3つの特色を持っていますが、これにより、メディア業界をはじめとした各産業が最新の ITフレームワークを構築することが可能になり、AI(人工知能)によるソリューションが得られます。こうして企業のサービスの質を高めるとともに、運営効果を最適化することができます。」

IDC によれば、2020 年の世界の企業によるデジタル変革は、「変革2.0」となる。 AI 技術のアプリケーションが普及するにつれ、次世代の変革の重点は「データ指向」となる。これはデータを中核とした新たな運営モデルを指す。将来のデータ指向のビジネスチャンスに向け、iKala は既に準備万端だ。強大なデータ分析と機械学習技術チームが「クラウドインフラの最新化とマーケティングデータ分析」や、「ストリーミングソリューション」、「AI 画像修正サービス」などのクラウド整合サービスを提供する。こうして多くの企業はデジタル変革を成し遂げ、多元的なサービスの創造と開発を続けることにより、消費者の注意を引き市場を制することになるのだ。

Scroll to Top