Media

iKalaがリテールの潜在顧客を的確に発掘

新型コロナウイルス感染症がリテール業のデジタル変革と、オンライン・オフライン販売の統合を加速している。しかし今後予定されるサードパーティーCookieの失効、iOSプラットフォームのSKAdNetworkの新技術採用、プライバシーポリシーの転換などにより、多くの企業はデジタル変革やデータマーケティング面での困難を抱えるようになっている。ここでグローバルAI企業iKala(アイカラ)の出番になる。同社はiKala Cloudを利用する全クライアントのデータプラットフォームiKala CDPと、iKalaの子会社CloudADのクラウドデジタルスマートマーケティングを通して、クライアントがビジネスチャンスを確実に捉捕まえるためのサポートをしている。

新型コロナの影響でオンラインショッピングの競争はし烈さを増している。東森購物/(ETMmall(台湾のテレビショッピングブランド)は新会員を積極的に開拓する際に3つの課題に直面した。それは、「潜在会員顧客が見つからない」「会員の好みに合った商品投入ができない」「リマーケティングの転換率が低下した」ことだった。そこで東森購物/ETMallは、CloudADのGAデータ分析サービスとiKala CDPを導入してデータを再整合し、会員のプロファイルを360度把握するようにした。データに基づいたマーケティング戦略を構築するためだ。

iKala CDPの活用には、転換率、予測顧客生涯価値(pLTV)、休眠顧客の活性化率、流失率など、AIモデルを通してマーケティング担当者に会員顧客の価値を理解させること、そして、商品レコメンデーションと販促案を顧客ニーズに近づけることが含まれる。このような方法で、潜在顧客は「未消費会員」「休眠会員」「一般会員」「ロイヤル会員」の4種に分けられ、さらに消費行動から、新会員か既存会員かに分類される。マーケティング担当者は対象会員とその消費傾向を考慮しつつ異なるマーケティングコミュニケーション戦略を策定できるようになる。

「未消費会員」を例に取ると、マーケティングの重点は広告コスト管理に置かれる。マーケティング担当者はその時期に最も人気のある商品の購買を集中的に促す。実際の導入効果を示す数字として、これまで転換が難しかった新会員の平均注文金額は52%増加し、転換率は19倍になった。消費経験のある既存会員に対しては、マーケティング担当者は会員価値を利用し、対応する商品に関するコミュニケーションを試みることで、クライアントのアクセスコストを13%、購買コストを15%減少させることができた。

将来の会員とその管理については、まずAIで潜在会員顧客の演算を行い、各グループの会員価値を把握して効果的なマーケティング戦略を策定する。iKala CDPは強大な演算および学習機能を有しているため、内臓されている対象オーディエンス予測モデルに照らし、異なるデータソースを整合し、加重条件を算出することができる。こうして会員価値が迅速に提示されるのだ。

(『経済日報』より転載)

Scroll to Top
This site is registered on wpml.org as a development site.